特養で家族交流会をしました

去年の話になりますが・・・

第3回の家族交流会を開催しました。

テーマは「食事」、12月11日・17日の二回に分かれて行い、多くのご家族様が参加してくださいました。

 

まずは、「アムールうずまさの食事」「誤嚥と経口摂取の維持」について、栄養士から説明させていただきました。

どうしたらわかりやすく説明できるのか?この日のために、栄養士が一生懸命準備しました。

 

説明の後は、実際に食事を見ていただきました。

そして、軟飯・お粥・ゼリー粥、刻み・ミキサー・ソフト食などの様々な食事形態のものを試食していただきました。

鮭のちゃんちゃん焼きに、おやつのみたらし団子、などなど・・・。

嚥下状態の低下した方にも食べやすいよう工夫して作っています。

 

お茶も。トロミをつけたもの・ゼリーにしたものを飲んで(食べて?)いただきました。

 

「おいしい味付けです」「こんな工夫をしてもらってるんですね」といったお声、お茶については「うわーーこんなドロッとしてるんですね・・・」といったご意見もありました。

 

その後は、意見交換を行いました。

在宅で生活されていた時のことや今のご利用者様の状態についてなど、食事に関するいろいろなお話が出され、共感されたり、さらに質問されたり。

大変貴重なご意見を頂戴しましたので、ご利用者様の支援に反映できるよう努めさせていただきます。

 

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

今回は参加いただけなかったご家族様も、次の機会にはぜひご参加ください。